倒産する会社が増えて転職せざるを得ない状況

働いていた人達もある日突然、自分の意志とは無関係に収入を失うことになっています

未経験者にも圧倒的人気を誇る風俗バイト情報サイト

新たな職を求めて転職している人が多いのです

転職が盛んな現代

バブル以前の日本では「終身雇用」という言葉が当然のように使われていました。若い人の中にはこの言葉自体を知らないという人もいるでしょうが、これは「一度就職をした会社に定年まで働く」という事です。この定年まで働くという事の実現のためには、働く本人の意志も必要ですが、雇用をする側の会社の雇用を続けるという意識も必要です。この「終身雇用」の体形が崩れて行ったのはやはりバブル崩壊後の不景気によるリストラが大きく関わっているでしょう。またバブル時の就職状況とは全く違いまさに「売り手市場」でしたので、一度就職をしたからといってもその会社に留まるという意識が薄くなり「より高収入」「より好条件」を示している会社への転職が一種のトレンディという風潮にもなり、転職先を紹介する雑誌なども多く発売された時期でした。またこのバブル期と同時に施行をされたのが男女雇用均等法であり、今まで能力がありながらも賃金・昇給ともに男女差があったものが、女性の中に「一般職」という言葉が生まれます。

能力のある女性、また新たな世界を求める女性、違う環境に飛び込みたい意欲のある女性などが「転職」をしていきました。これは女性だけに言えるものではなく「ヘッドハンティング」という言葉を耳にするようになったのもこの当時です。「ヘッドハンティング」とは能力のある方に対して、そのキャリアと実力を認め、高額な給与と今以上のポストを用意して向かい入れるシステムです。バブル時代にはこのようにヘッドハンティングを行い多くの人が競合他社、あるいは異業種へと転職をしていきました。そうしたバブル時代を経て迎えたバブル崩壊により日本全体に不況の波が襲った時に会社員にのしかかってきたのが「リストラの恐怖」です。会社を継続させてるために、会社経営の大きなウエートを占める人件費を削るために人員削減がたくさんの企業で行われ、その結果、リストラにより長年働いてきた仕事を失うという人が続出しました。

またリストラではなくとも、不況により会社の経営が継続不可能となり倒産をする会社も続出し、そこで働いていた人達もリストラをされた人たちと同様にある日突然、自分の意志とは無関係に生活の基盤である収入を失うことになったのです。そうした人たちもまた新たな職を求めて「転職」を佐是る得ない状況となり、多くの人が不慣れな職に就く状況が続く事になりました。バブル期は自己向上、自己満足の為の転職でしたが、バブル崩壊後は生活の基盤である収入の糧を得るための転職とバブルを挟んだ10年程で「転職」の意味合いは大きく変わってきました。不景気が続いている現在では「転職」の前の「就職」の段階で苦労をしている若者が大勢いるという実情があり、自分の好き嫌いはともかくとりあえず「就職」をする事を目指してしまいます。その結果として「やはり自分には向かいない」と数年、数か月で辞めてしまう人が「転職」をするケースも多くみられます。