虚偽記載をする行動は決してやってはいけません

就業状況を記載する欄では、アルバイトなどをした場合にはその日にちを正確に記載をしましょう

未経験者にも圧倒的人気を誇る風俗バイト情報サイト

仕事をしていく上で支障が起こらないような行動を

行動には細心の注意を

転職先が決まらないまま仕事を辞めてしまうのはとても不安定な状況ですので、一日でも早く転職先を決めたいと焦ってしまいますが、転職活動をする中でも「してはいけない行動」というものがいくつかあります。まず転職中の方の多くは雇用保険の「失業保険」の受給をしている方がいますが、この失業保険を受給する際に提出する書類に虚偽記載をしては決していけません。失業保険は認定日というものがおおよそ月に一度の割合でありますが、その際に就業状況を記載する欄があり、アルバイトなどをした場合にはその日にちを正確に記載をし、そうしてアルバイトなどをし報酬を得た日は認定日数から引かれます。そうなるともちろん一日当たり幾らと決まっている失業保険の支給額が減少をしてしまう事なりますが、これは法で定められた事ですので、削減される事が嫌だからいう安易な考えで虚偽の記載をする事のないようにしなければなりません。履歴書に関しても虚偽の記載をする人がいるようですが、これもしてはいけない事です。採用をしてもらいたいがための一心で得ていない資格を得ているかのように記入したり、取得している資格に関して本来は3級であるにも関わらず2級や1級とランクを上げて記載をしてみたり、中には高校が最終学歴という人が採用基準が大学卒業となっているからと言って、大学卒業と記載をするという事もウソのような話ですが実際に実例のある事なのです。

こうした事も法に触れる行為ですので行ってはいけませんし、ばれずに運よく採用されたとしても、こうした行為は必ず後からご自身を苦しめることになります。取得をしていない資格を記載している場合、その資格を生かした仕事を任されても業務自体を行う事ができません。取得した資格をランクアップして記載していた場合には、ある程度の仕事はこなせても、そのランクに見合った仕事を要求された場合にはそれにこたえる事ができません。虚偽の記載をする事で一度は転職に成功をしたように思ったとしても、そのようなウソは直ぐにばれるか、ばれないにしてもご自身が仕事をしていく上での支障が起こる事でしょう。

また早く就職先を決めてしまいたいと、いくつもの会社を掛け持ちして面接を受ける人がいますが、こうした事もあまりお薦めする事ができません。現代社会ではそれくらいの事をして自分のプラスを得るようにしなければ他の人に負けてしまうと思う人もいるでしょう。社会の風潮の中でも「勝ち組」「負け組」という言葉で表すことがあるように、「勝ち組」になりたいと願う人は多いでしょうが、同時期にいくつかの会社の面接を受けた場合、まず一社から採用の知らせを受けたら受けますか?と言われれば当然受けるはずです。ですが、次にまた採用の連絡を他社から受けたら、やはりそちらの会社も「ありがとうございます」と言ってしまうでしょう。そして給与、待遇などを天秤にかけてより良い条件の会社を選ぶ事になると思いますが、その際には一度採用を受け取った会社に対して「断り」の連絡をしなければなりません。そんな事を気にすることはないと考えるかもしれません。ですがあなたを採用し連絡をした時点でその会社は他の応募を打ち切り、他の希望者の方に対して不採用の連絡をしているのです。採用を一度受け取ったあなたが「断り」の連絡を入れる事はその会社に対して多大な損失を与えしまうという事を考えなければなりませんので、こうした行動は一社会人として決して褒められた行動とは言えないのです。