本当の自分を知るには内面を知ることから始めよう

今の自分に何ができるか考えてみるといつかちょっとづつ見えてくるものがあるはずです

未経験者にも圧倒的人気を誇る風俗バイト情報サイト

何をしたいか解らないのが今の自分です

本当の自分を知る

「この仕事は天職です」と言っている人を見ると「羨ましい」と感じる人は大勢いるでしょう。「天職」とは一体何なのか、それさえもわからないまま日々仕事をしている人が世の中の大半ではないでしょうか?自分のやりたい事が仕事になっている人というのは大変恵まれた人ですし、中には特別やりたいと思ったわけではないけれど、何となくその仕事に就き、それを長年続けているうちに「天職」と呼んでしまえる状態になったという人もいるでしょう。例えば「職業選択の自由」という言葉がありますが、世の中には生まれながらに自分の職業が決められている人もいます。歌舞伎の家に生まれた男の子は歌舞伎役者になるのであろうと世間の目は見ますし、そのように子供の頃から鍛練をされます。もちろん自分で分別ができるようになれば将来どうするかという選択はできるでしょうが、何百年と続いた伝統芸能を絶やす事は容易い事ではあませんし、自身にその期待が望まれてるという事は自覚をしているのですから、自覚と共にその道を選ぶのでしょう。

これは歌舞伎のような芸能の世界だけではなく、職人技と言われる和菓子や飲食、また旅館などといった職業でもその伝統を絶やす事はなかなか至難の業です。しかし自分が一体何をやりたいか解らないという人にとって見ると「やる事が決まっていて悩む必要がない」などと安易に考える人もいるかもしれません。もし自分がそうした伝統を受け継ぐ立場となったなら、そのプレッシャーを考えてみると、そんな言葉は安易に口には出来ないはずですが、それくらいに「何をしたいか分からない」という人は大勢います。

何をしたいか解らないという人はまずは自分の内面である本当の自分を知るという事が必要です。何をしたいかという前に、今の自分に何ができるか考え見ると、案外何も出来ない人に限って「何をしたいか解らない」というのです。自分の進む道を決めている人はその道に必要なさまざまな知識を増やしたり、資格を取得しようと努力をしているものです。何をしたいか解らないという人は、取りあえず目の前にある「何か」をしてみると良いでしょう。そうしてその「何か」を進めていくうちに自分の中の本当の自分を知ることができるのです。例えばコツコツと何かに打ち込む事が好きなタイプだった、人見知りだと思っていたが接客のアルバイトをするうちに人と話をするのが好きな事がわかったなどといったような簡単な事でよいのです。今まで自分では気づかなかった自分に気づく事ができるという事が本当の自分を知るステップとなるのです。