ノルマ達成したらプライベートも楽しむことができます

ノルマがあると煩わしい人間関係としての付き合いがあり、本格的に仕事を楽しむゆとりがないというのが本当の所です

未経験者にも圧倒的人気を誇る風俗バイト情報サイト

楽しむとは?

仕事というのは、生計を立てるためにお金を稼ぐことですが、多くの人が仕事を苦しみと感じている場合も少なくありません。売上成績や実績、効率を上げるためにノルマに追われ、また煩わしい人間関係としての付き合いがあり、本格的に仕事を楽しむゆとりがないというのが本当の所です。また好きでもない仕事を、無理やり仕方なく行っている場合もあります。また仕事をするのは、夢の実現であるといったこともありますが、毎日の仕事の現実を直視すると夢とは一体何なのかと考えさせられることも多いはずです。しかも上司には怒られ、同僚にはけなされ、後輩には馬鹿にされるといったこともありますし、生計を立てるためとはいえ、自分自身を出せずに本音と建前の世界で自分を押し殺して仕事をすることも多いです。

もし仮に仕事を楽しむ方法があれば、万人の人がその方法を習得したいと考えることとなるでしょう。以前テレビでもやっていた「働きマン」というドラマやアニメがありますが、「それでも仕事は辛い、正直辞めたいと何度も思う」といった具合に主人公の松方弘子に語らせている場面があります。誰しもが仕事をする中でもそう思うのが当たり前の原理です。ただ主人公・松方が仕事(主人公は週刊誌の編集者)をやっていく中で、色々と遭遇することを通じて、ある種主人公・松方なりの働くということに対する考え方が確立していくことに、そのドラマやアニメの魅力があります。しかし仕事を楽しむ方法は明らかにしていませんが、主人公・松方が恋愛をしながら仕事をしていくスタンスを貫いていて、仕事と恋愛を天秤にかけて人生のバランスとなっている点は興味深いです。

つまり、仕事をしようとする原動力は、実は恋愛からもたらされる場合があるということです。辛いと思える目の前の仕事が、恋愛をすることからそれが原動力となって、寝食衛生の観念がなくなる「働きマン」になるということです。なお「俺は仕事しかない人生だったというのは御免だな」という意見に対しては、「確かにそうかもしれない、それもある、でも私は仕事をやりきったなあと思って死にたい」と語っている点は、仕事を楽しむ方法のヒントを与えてくれます。しかも「空は誰からも感謝されずに有り続ける」つまり週刊誌の低俗なゴシップ記事の存在は必要とされているからあり、それがあるからこそ、迷わず自分達のやりたい編集が出来るのだということを悟るわけです。以上のことより仕事の楽しむ方法は、実は嫌なことや茨の道が沢山あるからこそ、それを克服するために全力で自分が半端なく打ち込むその姿に真実はあるのではないかと考えられます。何の反作用がなく自分自身が思う通りに行けば、別に楽しくもなくつまらないものだからです。